コラム

リフォーム会社に就職する際、現場での作業員として活躍するならどういったスキルが必要なのか。
重宝される人材の特徴をまとめました。

・物作りが好きな人
・細かい作業が好きな人
・素直な人
・体力のある人
・設計図を読むのが得意な人
・工具の使い方に慣れている人

リフォームは住宅やマンション、ビルなどの施工に関わる仕事です。
図面や設計図を把握してから、どの部分にどういった資材を打ち付けていくのか考えながら作業しますので、完全な力仕事というわけではありません。

ものを組み立てたり、計算しながら作業する人に向いている仕事です。

また具体的なスキルで言うと、工具の扱いに慣れている方もすんなり仕事に入っていけるでしょう。

・かなづち
・差金
・水平器
・ハンドソー
・マルノコ
・インパクトドライバー
・サンダー

こういった工具を扱ったことがあればその経験が役立つはずです。
資材をカットしたり、測ったり、削ったりといった物をよく使います。

電動工具の扱いに慣れている方はリフォーム会社でもその経験を生かせます。
ただ、自宅の趣味のDIYとは違い、ご要望に沿ったものいかに正確に施工するかが大事です。
そういった意味では素直に業務を淡々とこなせる方、臨機応変に対応できる方が活躍できる現場です。

お問い合わせはこちらから